電話占いで受けられる占いの種類

みなさんは、占いを信じていますでしょうか。占いと聞くと、胡散臭い感じがどうしても拭えませんね。しかし、困ったときや悩んだとき、不安なときは何故か占いに頼ってしまう事もあります。朝の情報番組では星座や血液型の占いを流していたりしますね。それを真っ向から受け止める人は少ないと思いますが、多少の参考にする人は多いのではないでしょうか。誰にも言えない様な悩み事を抱えている時などは、特に占いに頼ってしまいがちになる事もありますね。このように、日本人にとって占いとは、非常に身近な存在になっています。占いの種類というと、タロットや四柱推命、手相、姓名判断、生年月日から占うもの、電話占いなど、非常に多くがあります。占いは大きく西洋占いと東洋占いに分けられています。詳しく見ていきましょう。

占いの種類と内容について見ていきます

西洋占いには、星占いやタロット、数秘術、ルーン占い、手相などがあります。西洋というだけあって、ヨーロッパ諸国より発祥、発展してきたものになります。西洋の思想や哲学は、四大元素と呼ばれる火、風、土、水を基本に成り立っています。そして、この瞬間の運命は今だけという刹那的な考え方が根本にあります。東洋占いには四柱推命、姓名判断、九星気学、算命学、宿曜、風水、手相などがあります。主に中国で発祥し、発展してきたものになります。東洋占いは陰と陽、そして木、火、土、金、水で成り立っているという、陰陽五行説の考え方が基本になっています。そして、運命は繰り返すと考えられています。つまり、今この瞬間の運命を占うのが西洋占いで、一生涯変わる事の無い運命を占うのが東洋占いという事になります。それを踏まえて、電話占いについてお話していきます。

電話占いについてお話していきます

電話占いというのは、文字通り電話で占いを受けるというものになります。占い師の顔が見えない状態で占ってもらうという事は、ある意味気軽に受けられる占いになります。占ってもらえる種類には限界があります。何故なら顔などが見えない状態ですので、見た目からの占いや手相などは不可能という事になります。しかし逆に言えば、それ以外の占いであれば何でも受けられるという事にもなります。電話ですので、思いたった時にすぐ占ってもらえるのも魅力です。プライバシーが守られますし、自分のリラックスできる環境で占いが受けられる事もメリットになります。注意してもらいたい事は、気軽に相談出来る為に依存しやすい事と、熱中するあまり料金がかさんでしまう事です。それさえ注意すれば、気軽に受けられる占いとして悩みや不安を相談して解決の糸口を見つけるのもいいですね。