電話占いを行う上でのメリット・デメリット

現代の占いの形式の1つとして一般的となっているのが電話占いです。電話占いとは電話で占い師と会話をすることで占いを行ってもらうことができるシステムの占いのことをいいます。電話占いの歴史としては1990年頃に始まりました。その後90年代の後半から2000年代に入ると徐々に人気が高まり、さらに家庭に1台の固定電話が一般的だったそれまでとは違い、携帯電話が普及し、1人1台電話を持っていることで電話占いも占いの形式として人気となり一般的によく占われるようになりました。インターネットサイトでの占いも現代においては非常に人気がありますが、インターネットサイトでも占いはどうしても機械的かつ受け身になってしまうことから、占い師と直接会話のできる電話占いは現代においても人気が高いものであるといえます。

電話占いを受ける場合のメリットとデメリットとは

電話占いを受けるメリットとしてまずあげられるのは、自宅にいながらにして占いを行ってもらうことが可能であるという点です。通常対面式の占いを受けたい場合は店舗へと足を運ばなければならず、遠方の場合は占いを行ってもらう費用に加えて交通費がかさんでしまいます。また電話占いは24時間対応してくれる場合もあるため時間を気にせず占ってもらうことが可能なのです。しかし電話占いはメリットだけではありません。電話占いは対面式の占いとは料金の設定が異なります。対面式の占いは1回の占いで2000円から1万円程度と料金が決まっている場合が多いですが、電話占いでは1分につき150円から200円程度と時間で料金が発生します。そのため占いに時間がかかってしまった場合に対面式よりも値段が高くなってしまううえ、電話の通話料金も発生するため高額な請求金額となる場合があるので注意が必要です。

電話占いを受けるにあたっての注意点とは

電話占いは気軽に悩みを相談することができるため人気を得ていますが、電話占いを受けるにあたって注意しなければならない点もあります。まず電話占いは依存性が高い占いであるという点です。始めのうちは相談することで気持ちがすっきりするだけだった場合でも、電話占いを受けないと気持ちを抑えることができなくなってしまたり、占いを受けないと不安になってしまったり、生活のあらゆる選択を占ってもらわないと選択することができない状態にまで依存してしまうケースも多いのです。またこうした状態に陥った人は電話占いを受けるための費用を支払うことができなくても借金してまでも占いを受けてしまう人もいます。そのため参考程度に電話占いを受ける場合は構いませんが、依存してしまう恐れがある人はよく考えてから電話占いを受けるようにしましょう。